学会発表

学会発表

三原病院が各種学会などへの発表した研究の一覧です。看護部で年1回院内の研究発表会を行うなど、学術的な分野にも力を入れてきています。

医局

年次ごとに、①学会発表、②論文・症例・書籍に分けています。

2020

学会発表
  • 「escitalopram が著効した皮膚むしり症の1例」
    林 真紀1)、土岐 茂2)、小山田 孝裕1)
    第116回 日本精神神経学会 2020/9.(Web開催)
    1)特定医療法人 大慈会 三原病院
    2)医療法人あさだ会 第2心療クリニック コモリエ
論文・症例・書籍
  • 「アトピー性皮膚炎と自閉スペクトラム症の合併例に見られた”皮膚むしり症状”に対してエスシタロプラムが著効した経験の報告」
    林 真紀、土岐 茂、小山田 孝裕
    精神医学 第62巻 第6号 別刷 2020年06年15発行

2019

学会発表
  • 「Current situation of alcoholism treatment in Japan and our approach named “Aldock; a new approach for alcoholism treatment”」
    Takahiro Oyamada 1), Shigeru Toki 1), Sachio Nishimoto 1), Satoshi Fujita 2), Wataru Oda 2), Shigeto Yamawaki 3)
    1)Mihara Hospital, Japan
    2)Hiroshima University Hospital, Japan
    3)Brain, Mind and Kansei Science Research Center, Japan
    AsCNP-ASEAN 2019

2018

学会発表
  • プレアルコホリックに対する治療介入」
    小山田 孝裕
    第433回広島精神神経学会、第44回尾三医学会
  • 「音楽性幻聴に対してカルバマゼピンが著効した2例」
    土井 勉1)山下 英尚2)山下 敬介1)井上 俊一1)
    永澤 一恵1)林 真紀1)土岐 茂1)小山田 孝裕1)
    1)特定医療法人 大慈会 三原病院 2)広島大学病院 精神科
    第59回中国・四国精神神経学会

2017

学会発表
  • 「精神科救急施設での持効性注射剤(LAI)使用状況の調査」
    藤田 洋輔、土岐 茂、松村 理恵、林 真紀、小山田 孝裕
  • 「Clinical outcomes with long acting injection (LAI) in schizophrenia treatment in Japan
    Takahiro Oyamada1), Shigeru Toki1), Yosuke Fujita1), Hidehisa Yamashita2), Shigeto Yamawaki2)
    1)Mihara Hospital, Japan
    2)Department of Psychiatry and Neurosciences, Hiroshima University, Japan.
    第5回AsCNP
論文・症例・書籍
  • 「臨床経験 入院治療を必要とした中年期チエノジアゼピン依存の一例」
    松村 理恵、土岐 茂、小山田 孝裕
    精神科治療学 0912-1862

2016

学会発表
  • 「精神科病院を受診した高校生の不登校」
    林 真紀、土岐 茂、板井 江梨、仙谷 倫子
    第57回日本児童青年精神医学会総会(岡山)、2016年10月
  • Case study of alcohol withdrawal with transient periodic synchronous discharges(PSD)
    Kenji Komo 1), Shigeru Toki 1), Chiyo Shibasaki 1), Hidehisa Yamashita 2), Takahiro Oyamada 1), Shigeto Yamawaki 2)
    1)Mihara Hospital 2)Hiroshima University Hospital
    第30回CINP(ソウル)、2016年7月
論文・症例・書籍
  • 「うつ病における精神分析的治療の新たな知見」
    土岐 茂
    精神分析研究 = The Japanese journal of psycho-analysis 0582-4443
    日本精神分析学会 2016-11 60 4 547-551
  • 「講演記録 リサーチの道具としての逆転移」
    ヒンシェルウッド ロバート、皆川 英明、小波藏 かおる、土岐 茂、中甫木 くみ子
    精神分析研究 = The Japanese journal of psycho-analysis 0582-4443
    日本精神分析学会 2016-07 60 3 278-286
  • 「セルトラリンとミルタザピンの併用療法により,早期に寛解した重症老年期うつ病の2症例」
    西村 健一郎、土岐 茂、片岡 努、林 真紀、松村 理恵、小山田 孝裕
    臨床精神医学 0300-032X
    アークメディア 2016-07 45 7 967-972
  • 「入院治療を必要とした神経性無食欲症の思春期男児2例」
    林 真紀、土岐 茂、松村 理恵、小山田 孝裕、山脇 成人
    精神科治療学 0912-1862
    星和書店 2016-05 31 5 651-658
  • 「入院治療を必要とした神経性無食欲症の思春期男児2例」
    林 真紀、土岐 茂、松村 理恵、小山田 孝裕、山脇 成人
    精神科治療学 31(5);651-658, 2016

2015

学会発表
  • 「入院治療を必要とした神経性無食欲症の思春期男児
    林 真紀、土岐 茂、松村 理恵、小山田 孝裕、山脇 成人
    第427回広島精神神経学会、2015年12月

2013

学会発表
  • 「認知機能障害と幻視を呈したACTH単独欠損症の一例」
    藤本 嘉子、瀬川 昌弘、高橋 徹、杉 利秀、足立 知也、冨田 洋平、玉井 慶、澤 雅世、小山田 孝裕
    広島精神神経学会、2013年12月
  • 「統合失調症長期入院者での第一世代から第二世代抗精神病薬への切り替えにおける若年群と高齢群との違い」
    小山田 孝裕、冨田 洋平
    ・日本神経精神薬理学会(沖縄)、2013年10月
    ・The 3rd Asian Congress on Schizophrenia Research in Indonesia.
論文・症例・書籍
  • 「Negative Correlation between Affective Symptoms and Prefrontal Activation during a Verbal Fluency Task: A Near-Infrared Spectroscopy Study」
    Sawa M, Yamashita H, Fujimaki K, Okada G, Takahashi T, Yamawaki S.
    Neuropsychobiology. 2013 ; 67(2):103-110
ご相談・お問い合わせ
初診予約のご案内
0848-63-8877
電話受付時間 / 8:30〜17:00
  • 受付時間 / 8:30~11:30
  • 診療時間 / 9:00~12:00
  • 診療日 / 月曜~土曜(日曜祝日 休診)