特定医療法人 大慈会 三原病院

文字サイズ
0848-63-8877 (受付時間:8:30~17:00)
〒723-0003 FAX:0848-62-0055

こころと脳のくすり

抗精神病薬の主作用

こころと脳のくすり

神経伝達物質について

何かを思ったとき、何かをしようとしたとき、脳や神経細胞は互いに様々な化学物質をやりとりして情報を伝えています。その一連の物質は神経伝達物質と呼ばれています。馴染みの無い人が多かろうと思いますが、抗精神病薬の作用副作用を語るには大変重要なキーワードです。

正常な人では、神経伝達物質の働きがバランスを保っていることで正常な思考や動作につながりますが、何らかの原因(例えばストレス)によりどれか1つでも多過ぎたり少な過ぎたりした時には、何らかの精神症状が現れると考えられています。

例えば統合失調症では、「ドパミン」という神経伝達物質が関わる神経系が異常に亢進することで、思考がまとまりを失ってしまう疾患と言われています。また、ドパミンを多量に放出する作用がある覚せい剤は、乱用により統合失調症に似た症状を引き起こすことが知られています。逆にドパミン神経系が機能低下した状態だとパーキンソン病になると言われています。

 

統合失調症にはどう効くか

抗精神病薬は主にはこのドパミンによる過度の神経伝達を抑制することで統合失調症の治療に用いられます。しかし、統合失調症における様々な精神症状はドパミン以外の神経伝達物質も関わっていることが明らかになってきました。それぞれの精神症状とそれに関わる神経伝達物質の組合せは、およそ次のようになものだという説があります。

不安、焦燥感・・・ノルアドレナリン
幻覚、妄想・・・ドパミン
自閉、意欲減退・・・セロトニン

近年登場した非定型抗精神病薬のうち、リスペリドン(リスパダール)やペロスピロン(ルーラン)は上記のうちドパミンとセロトニンが関わる神経伝達を抑える働きがあり、それで自閉や意欲減退といったいわゆる陰性症状にも効くのではないかと考えられています。オランザピン(ジプレキサ)とクエチアピン(セロクエル)はこれら以外にもヒスタミンやアセチルコリン等いくつもの神経伝達物質の作用を程良く抑えることで様々な精神症状を改善しようとする薬です。

 

なぜ飲み続けなければならないか

抗精神病薬は病気の原因を完全に取り去ってくれるものではありません。統合失調症に対しては幻聴や妄想など病気の症状を抑え、それがまた現れないように「蓋をする」ようなものです。つまり続けて飲んでいる間しか効果は無く、健康的な社会生活を送るためには長期間継続して服薬することがどうしても必要になります。いつまで飲み続けなければならないかは誰にも分かりませんが、もし治療の途中で薬をやめてしまった場合はかなりの確率で病気が再発してしまうことが知られています。そして再発を繰り返すたびに社会生活の能力はどんどん失われていってしまうといわれています。

薬を飲みたくなかったり飲めなかったりする場合は「なぜ飲みたくないか」、「どうしたら飲めるようになるか」を主治医と一緒に考え、よく話し合って解決していくことが大事です。また、薬をちゃんと飲んでいても大きなストレスや環境の変化が再発の原因となることがあります。継続して正しく薬を飲むことと同時に、精神療法やデイケアなどでのリハビリテーションを行うことでストレスへの対処方法を身に付けることも必要だといわれています。

抗精神病薬の歴史   抗精神病薬の副作用
ページの上部へ