特定医療法人 大慈会 三原病院

文字サイズ
0848-63-8877 (受付時間:8:30~17:00)
FAX:0848-62-0055

当院の地域医療・連携体制

当院の地域医療連携体制について

 2018年4月に広島県が策定した「第7次広島県保健医療計画」では、患者様が精神科医療を受けやすくなり、また更なる医療機関相互の連携を推進していくために、多様な精神疾患等ごとの医療機能を明確化し、広島県の「拠点機能医療機関」と「地域連携拠点医療機関」として定めました。

 当院では、下記の通り、広島県における「拠点機能医療機関」、「地域連携拠点医療機関」として、今後、広島県内の精神疾患の医療連携等を担っていきます。

精神科救急 統合失調症 認知症 児童・思春期 災害医療 依存症
広島県拠点
医療機関


Q&Aへ


<対象>
アルコール
健康障害

地域連携拠点
医療機関

「広島県県拠点機能医療機関」の役割

  • ① 医療連携の県拠点
  • ② 情報収集発信の県拠点(普及・啓発)
  • ③ 各精神疾患等に対応できる専門職員(入り、相談員)の人材育成の県拠点
  • ④ 地域連携拠点機能支援
  • ⑤ 患者・家族支援及び当事者団体等との共同活動の県拠点

「地域連携拠点機能医療機関」の役割

  • ① 医療連携の地域拠点
  • ② 情報収集発信の地域拠点(普及・啓発)
  • ③ 地域精神科医療提供機能支援
  • ④ 患者・家族支援及び当事者団体等との共同活動の地域拠点

 また、2018年5月31日付でアルコール健康障害における「広島県依存症治療拠点」として指定されました。広島県依存症治療拠点機関とは、アルコール・薬物・ギャンブル等の依存症の患者様が地域で適切な医療を受けられるようにすることを目的として広島県が選定した機関です。当院は、アルコール健康障害について指定を受けました。今後も、アルコール健康障害に関する医療関係者等への研修開催や、適切な医療の提供体制の充実を図ってまいります。

ページの上部へ